「スマホが低速充電しかできないときは、ケーブルを疑った方がいいかも」という話

【タイトルがすべてを物語っていますので、以下はお時間のある方のみお読みください】

先日、スマホの契約を更新しました。

 

契約更新前は、機種変更するかどうか迷っていたのですが、結局、「新しい機種を買っていろいろ設定するのが面倒くさい」という極めて論理的な理由(?)により、手元にある機種を使い続けることに。「中古スマホを買って節約しましょう!」系の雑誌特集なんかも見かけるので、「最新の機能を追いかけるタイプでもないし、まあ合計4年くらいは何とか使えるだろう」とも思いました。

 

とはいえ、すでに2年以上は使った機種。心なしかバッテリーの持ちも悪くなってきた気がします。まあそんなときはあわてず騒がずモバイルバッテリーの出番、となるのですが、最近ちょっとあわてたり騒いだりすることが増えました。

 

「低速充電」です。

 

スマホにモバイルバッテリーを接続し、今までの感覚だとこれくらい充電が進んでいるだろう、と思って本体を確認すると、充電が遅々として進んでいない、というケースが増えました。

 

スマホ本体が悪いのか、モバイルバッテリーも劣化してきたのか、ネットで検索した記事を読んでみても、どうもこれといった結論が出ません。近所のショップに行ったついでに聞いてみましたが、「少々お待ちください」と言われてしばらく待ったあとの店員さんの言葉は、「低速充電のほうがスマホ本体の負担は少ないです」というものでした。内心、「いや、オレが聞きたいのはそういうことじゃないんだけど……」と思ったのですが、「まあ、会社と直接関係あるかどうか微妙な話だし」とも思って、「あ、そうですか。どうもありがとうございます」なんて言ってお店を跡にしました。ちょっと弱いかな。

 

そんなわけで、「まあ、よくわからないけど、たぶんモバイルバッテリーがへたったんだろう」という結論に達し、ちょうど泊まりがけで出かける用事もあったことから、「今回の外出で困ることがあるようだったら、モバイルバッテリーを買い換えよう」ということにして出かけました。

 

ところが、どうもモバイルバッテリーが一方的に悪さをしているわけでもないようでした。ホテルにチェックインし、コンセントに充電器を差し込みスマホとケーブルで接続しても、

 

「低速充電しています」

 

という表示が出てしまいます。

 

何度かそういう状況を繰り返すうちに、「もしかしたら、ケーブルに問題があるのでは?」という考えに至りました。早速、100円ショップで買ったケーブルから、家電量販店で買ったケーブルにつなぎ替えたところ、あっさりと通常の速度で充電が進みました。正直拍子抜けです。

 

まあ、100円ショップのケーブルも、それなりの期間はまともに使えていたので、こういう商品も劣化するということなのでしょうか。そんなわけで、まともに充電できたケーブルは長さが短くてちょっと使いづらい面があるので、通販でもう少し丈夫そうなケーブルを購入して一件落着したのでした。

 

おしまい。