自作曲紹介『戦え!ダイエッター』

2011年1月にSoundCloudへアップ。タイトルや内容からネタ曲だと思われがちですが、意外とコアな音楽ファンからの評価が高かったりします。

 

ある日突然、タイトルと歌い出しのメロディーが歌詞つきで頭に浮かびました。さすがにそこからしばらく試行錯誤しましたが、ぼくの曲の中ではすんなりできたほうなのではないかと思います。

 

この曲ほど話題にはなっていませんが、『哀しみのリバウンド』『がむしゃらエクササイズ』という関連作品(?)もあり、自分で勝手に、「ダイエット三部作」と呼んでおります。

 

【参考:『哀しみのリバウンド』と『がむしゃらエクササイズ』】

 

「天丼カツ丼親子丼 レバニラ餃子にチャーシュー麺」というバックコーラス(?)が一部にインパクトを与えたようですが、個人的には、「もっと高価で太りそうな料理を並べたかったのだけど、思いつかなかった」と思っています。そういう意味では、悔いが残る楽曲になったかも(?)。

 

2009年に発表したアルバム、『I do nothing but daydream』に収録しています。BandcampやSpotifyなどでも扱いがありますので、よかったらそちらでもぜひ。
https://kotaronline.bandcamp.com/album/i-do-nothing-but-daydream

 

 

【この記事は、2018年10月10日のTwitterへの投稿を元にまとめたものです】      

0 コメント

スカイプ用ヘッドセットマイクをDTM(ボカロ)に活用してみる

どうも、kotaro(@kotaronline)です。

 

Twitterなどをご覧になっていると、「My new gear...」なんて言葉とともに、新しく購入した機材の写真をアップしている方を見かけることも多いと思います。

 

かくいうぼくも、新年早々新しい機材を導入しました。こちらです。

 

続きを読む 0 コメント

新作、『Mental Roughness』をSoundCloudにアップロードしました

どうも、kotaro(@kotaronline)です。あけましておめでとうございます。

 

月初めということで、SoundCloudに新作『Mental Roughness』をアップロードしました。

 

ちょっと性格に問題がありそうな女の子の歌です。「雑な性格」というか、「精神的に雑」ということで、こういうタイトルにしましたが、さてこのタイトル英語として意味が通じるのかどうか。

 

まあ何はともあれ、お楽しみいただければ幸いです。

 

このほかにもいろいろ取りそろえておりますので、このサイトのMusicのページか、SoundCloudのぼくのページへどうぞ。

0 コメント

PayPay祭に乗り遅れたので負け惜しみを言ってみる

どうも、kotaro(@kotaronline)です。

 

PayPayの「100億円あげちゃうキャンペーン」でしたっけ? あれにはすっかり乗り遅れているうちに、キャンペーンが終わってしまいました。

 

で、こんな記事も出ているわけです。

 

PayPayは壮大な社会実験だった。このノウハウで景気拡大、デフレ脱却!!

https://www.landerblue.co.jp/43803/

 

「まあそうかな」と思う部分もないではないんですが、一連の騒ぎっぷりには違和感も感じるわけです。

 

時期的に、そろそろ日本でも一部界隈が定着させようと躍起になっている、ブラックフライデーやらサイバーマンデーやらのセールもあったわけです。つまり、すでに「ほしい物がある程度絞り込まれていて」「安く買えるタイミングをうかがっていた」人にとっては、PayPayのキャンペーンに乗るよりお得な値引率あるいは還元率での買い物はできたはず。

 

特に、ぼくがずっぽりハマっている音楽制作界隈ですと、この時期半額なんて当たり前、商品によっては9割引以上でセールされることもめずらしくない(下手すると、それなりの価格の商品が無料でばらまかれたりする)ので、「20%還元? ふーん、でも今すぐ必要なものもないしなあ。PayPayで決済できる店もファミマくらいしか近いにないし。Amazonギフト券くらいなら買っておいてもいいけど、対象外なんでしょ?」という感覚です。なんか長くなってしまいましたが、「大騒ぎするほどお得でもないのに、なんで必要にせまられてもいない物買うわけ?」と思ったりもするわけです。

 

が、どうも世の中の多くの人は、ぼくが思うようには行動していない、ということが明らかになったようでもあります。これは消費者が○○(自粛)ということなのか、あるいは、音楽ビジネスが録音物の販売からライブ体験へとシフトしつつある(個人的にはそのような風潮に抗っていますが)ように、消費自体も体験として享受されるものに変化しつつあるのか、興味があるような、ないような、妙な気分です。

 

でも、思っちゃうんですよね。「結局得したのは転売屋さんだけなんじゃないのかなあ┐(´д`)┌」って。

0 コメント

自作曲紹介『今年もきっとシングル・ベル』

2010年12月にSoundCloudへアップ。作曲自体は、まだボーカロイドを使い始める前に行っています。

 

作曲当時は、特に音楽投稿サイトなども利用しておらず、曲を作ってもリアル友人数名に聴いてもらう程度だったのですが、ボーカロイド作品を発表し始めたころ、「絶対ウケるからこの曲ボカロで作り直せ」と友人たちから言われたものです。

 

ニコニコ動画に投稿する際、様々な方々に協力いただいてかなり凝った動画が出来上がったのですが、詰めが甘かったのかどうか、ヒットには至りませんでした。

 

現在発表している曲の中で唯一、自分以外の人(ゆーさくさん @enligh10ment)にミックスを依頼しています。完成ミックスいただいたときの作業リストを見て、「ほかの人はここまで細かく作業するのか」とビックリしました。

 

ところで、タイトルどおりこの曲は孤独について歌っているわけですが、作者としてはその孤独の中身はLonelinessではなくてSolitudeのつもりです。

 

それはそうと、歌詞の中に山下達郎さんが登場するんですが、お気づきになりましたか?

 

KAITO曲を集めたアルバム、『Blue Supplements』に収録しています。Bandcampはこちら。

https://kotaronline.bandcamp.com/album/blue-supplements

 

【この記事は、2018年10月9日のTwitterへの投稿を元にまとめたものです】

0 コメント